18日 12月 2018
イベントが続いた11月ですが、次はジベカの「楽器屋台」のご報告です。 埼玉県川越市にある公共施設、ウエスタ川越が主催する「第4回 県民ふれあいフェスタ」に楽器屋台が出店しました。 ※楽器屋台=音楽・民族楽器を遊び感覚の中で楽しみながら体験できるプログラム
17日 12月 2018
先月はジベカはさまざまなイベントに参加させていただきました。 写真は東京・市ヶ谷にあるJICA地球ひろばで開催された「アンクルン・ワークショップ」 国際会議も行われる立派な部屋に40名ほど参加者が集まりました。(講師:飯田茂樹)...
16日 12月 2018
〜NPOジベカ所有のジェゴッグを初めて練馬の地で広げてみました〜 一人で楽器を倉庫から出すことなど、その圧倒的な存在感から全く考えられないジェゴッグ。 8月に練馬にやってきて以来、倉庫に放置しっぱなしで年越しさせてはいけないと、深川バロン倶楽部のメンバーの協力でジェゴッグ大メンテナンス大会を行いました。...
14日 12月 2018
先月ジベカが参加したイベントのご報告です。 世界のさまざまな面白い楽器を演奏し楽しく紹介するジベカの「スニ・チャンプール」Seni Campur 今回は、神奈川県相模原市にある周囲を豊かな美しい自然に囲まれた市立串川小学校を訪れました。...
05日 12月 2018
先日、日本とインドネシアの国交樹立60周年を記念して、インドネシア政府の奨学金制度「ダルマシスワ」で留学した同窓生約80人が集まり、初めての同窓会が開催されました。(東京・白金台の八芳園にて) 以下、ジベカ代表飯田のレポートです。 ----...
04日 11月 2018
バリ島で「風」が音楽を奏でる楽器は、前回の投稿で紹介した「ピンジュカン(プロペラタイプ)」の他に、「スナリ」という竹の節と節の間に細長いスリットを入れ、風がそこを通過すると笛の原理でヒューヒューと音を奏でるものなどがある。 それらの風楽器の中で一番人気なのが、この「ピンジュカン(ガムラン タイプ)」だろう。...
03日 11月 2018
この種の「風」で音を作る音具(楽器)は、以前にもご紹介した、風がプロペラを回し、その動力で竹のハンマーが竹の鍵盤を叩いてガムラン音楽のような音楽を奏でる、同名のピンジュカン(ガムランタイプ)がある。以前の記事はこちら...
02日 11月 2018
これらの写真は、狭い町内会みたいな地域の中で、ほぼ同じ頃に各々別々の場所で行われていた、若者を中心とした影絵芝居とその伴奏音楽、グンデル・ワヤンの練習風景。 時としては、この若者たちは一緒のグループで演奏する事もあるが、各々個人の練習も欠かさない。...
30日 10月 2018
カフェにいるから遊びに来ないかとバリ島出身のギタリスト、バラワンから連絡をもらった。たまたま私も近くにいて少しだけ時間があったので会いにいくと、そこにはライブギグの時とは全くちがった温かパパのバラワンの顔があった。
26日 10月 2018
バリ島内のスーパーやレストラン、スパやマッサージなど沢山のお店で、毎日のようにBGM音楽としてかかっているのが、バリ島ウブドゥ村出身のスリン(suling:バリ島の竹の縦笛)奏者、グステジョ氏の癒やしのサウンド。...

さらに表示する