Jegog

巨大な楽器は上に乗って演奏する
巨大な楽器は上に乗って演奏する

ジェゴッグ(Jegog)とは、バリ島西部のヌガラ地方に伝わる、巨大孟宗竹クラスの竹で作られた旋律打楽器の合奏音楽で、「竹のガムラン」とも呼ばれています。


ジェゴッグ(バリ島の孟宗竹クラスのガムラン)をメンテナンスするには今日はかなり寒かったぁ!

Untitled
〜NPOジベカ所有のジェゴッグを初めて練馬の地で広げてみました〜

一人で楽器を倉庫から出すことなど、その圧倒的な存在感から全く考えられないジェゴッグ。

8月に練馬にやってきて以来、倉庫に放置しっぱなしで年越しさせてはいけないと、深川バロン倶楽部のメンバーの協力でジェゴッグ大メンテナンス大会を行いました。

ひび割れがひどく響かない鍵盤を、ゴム系や木工系のボンドでつなぎ合わせたり、ひどい状態の物は針金で縫い合わせたり。その治療にはまる1日かかってしまいました。

DSCF4312 Untitled

楽器たちも久しぶりにシャバに出て喜んでいました?!

 

DSCF4302 Untitled

メンテナンスにはホットメルトが一番役立っていました。

しんちゃんありがとう


来年新春から、月に1回くらいのペースで、音を出していこうとみんなで確認しました。

さて、今後練馬の地でジェゴッグはどんな活動になって行くか楽しみです。なんたって日本にはあまり存在しない楽器なのです。
(飯田茂樹)

 

Untitled Untitled

この一番大きな楽器がジェゴッグ(jegog)

大人が楽器の上に乗って演奏します

 

CD9F52D8-78DC-47F8-93B4-251DA3DA5CB8

ちょっと音出し。速度を合わせるだけで即興的にすぐ合奏が出来る


Untitled

寒い中お疲れ様でした

 

関連ブログ:ジェゴッグのお引越し

ジェゴッグのお引越し

DSCF0652
この度、ジェゴッグ(バリ島の巨大孟宗竹サイズのガムラン)のフルセットは、保管していただいていた新木場(江東区)の滝口木材(株)より、練馬区光が丘のジベカ事務所(スタジオ・バグース)へと引越しをしました。
 
楽器の大きさや音(一番大きなジェゴッグは楽器の上に演奏者が乗り、重低音を出す)などの関係から、なかなか気軽に演奏したり練習することが難しい楽器ではありますが、重低音の体全体を揺さぶる竹の響きは、多くの人をとりこにして放しません。

スレンドロ音階(日本の民謡などの音階に似た)の4音だけを使った竹製の楽器のため、誰でも気軽に参加して合奏を楽しめる、とても珍しく魅力満載の楽器です。
 
運んだり組み立てたりバラしたり運んだり・・・の繰り返しもジェゴッグの楽しみの一部と考え(笑)、定期的に活動できるようにしたいと思っております。
 
DSCF0618 2D56E9C0-A045-49C2-86E4-DDB415530D83 DSCF0630
写真は引っ越しのドタバタです。
引っ越しにご協力いただいた滝口木材さん、深川バロン倶楽部、田村さん、増田さんほか皆さま、どうもありがとうございました。
     (飯田茂樹)

DE6E772A-E7F3-406E-91C6-E61CC5D123EC 32527B21-3CAF-4C0E-B75A-732E3F5113A3
●ジェゴッグ(jegog):巨大な孟宗竹で作られたバリ島ヌガラ地方のガムラン
今年の5月に亡くなられたスウェントラ氏(スアール・アグン楽団/バリ島ヌガラ)が復興し世界的に広めたことで知られる

 

DSCF0663 DSCF0662

材木店の大きな倉庫内で、まるで材木の一部のようにすっかりなじんでいたジェゴッグ。新木場で積極的に活動できず申し訳ないかぎりですが、今後ジェゴッグ活用の態勢を整えていきたいと思います。滝口木材さま、本当にありがとうございました。

 

ACA9447A-9196-40E7-B930-8E35802B461A

練馬区でも自然が豊富に残り、大地が身近にある光が丘へと引っ越してきました。これからこの地でジェゴッグを生き生きと活かせるようにしたいと思います。皆さまどうぞよろしくお願いします。


A77B06AE-656C-465C-9D48-E8671BBBB440 DSCF0682 DSCF0676

 

☆オマケ↓ 

ジャワのバロンに遭遇し、興奮して遊ぶ深川バロン倶楽部の皆さん

DSCF0686 DSCF0687 99C7D19D-3B18-427E-AEBF-D4ADDDA0A87F

ジェゴッグ(バリ島の孟宗竹サイズのガムラン)が木の街、新木場に響き渡る!

B6158610-C8E1-42E1-9D8F-E8D0D4F0476E

みんなかっこいいジェゴッグマン。リズムに合わせて楽しく叩いてくれました

     

(先日2/9、つくばから3年振りに東京に運搬したジェゴッグ楽器の続報です)

東京湾のウォーターフロントの1つ、新木場で「ものづくり」「人づくり」「まちづくり」をテーマに新たな文化創造活動がスタート。2月11日(日祝)、風もない春のような陽光のもとで、「木」をテーマにさまざまなコンサートやワークショップが開かれた。

ジェゴッグのワークショップは午後1時スタート。子どもからお年寄りまで50人近い方々に実際に楽器にさわって頂き、最後には全員で簡単なセッションを行った。

9B029927-6E13-4FC0-B660-D5D971854E1A

ジェゴッグという名前は、楽器全体のセットの事をさしたり、その楽器から奏でられる音楽の事をさしたりする。しかし本来は、このみんなで担いでいる楽器の固有名称がジェゴッグ(一番大型の楽器)。鍵盤を外せば4人で簡単に枠組みが運べる

 

99FE34FB-42E7-4D1F-92C9-D5C58CABFA24

このジェゴッグという楽器だけは、その大きさのため、大人でも楽器の上に登って演奏しなくてはならない。叩いた衝撃もあり、揺れて少し怖かったですか?バチの先はゴムが巻かれている

     

ジェゴッグは日本の民謡の音階にも似た「スレンドロ音階(5音階)」の中から4つの音だけを使ったシンプルな音階。1オクターブが「ラ・ド・ミ・ソ(みたいな感じ)」の音だけで構成されているイメージだ。

この音階のことと、竹の持っている優しい音質の影響で、大勢の人がノールール(どの音をどのリズムで叩いてもいい)で演奏しても、沢山の音がかぶったりリズムが入り混じったりしてもあまり不快感のない全体サウンドになる。(少々乱暴な考え方かもしれないが)(2つの短い動画あり)

子ども達も参加するワークショップでは、あまりルールや決まり事に縛られると直ぐに飽きてやめてしまうなで、私はこの「ノールール」を多用している。子ども達が自らの気持ちで楽器の所にやって来た「生の衝動」を大切にしてあげたいですからね。
B4E4D9DD-7131-4FFC-BC3C-98B4C04E14E9

一番大型のサイズの楽器「ジェゴッグ」と、この1オクターブ上の音域を担当する「プマデ」は、響きを大切にする楽器なので、バチの先にはゴムがまかれている

 

8E924473-1E47-45DA-96E6-FE992F9CD689

本来は1人で木のバチで叩く楽器を二人で仲良く

 

9A536DA5-7BC6-4CDE-93BD-5403A92F226C

細かく綺麗な模様の化粧板。バリ島の神様などが描かれている

     

話しが少しそれましたが、
大地も楽器の一部として考えている、地球規模のスケールをもったこのジェゴッグと言う楽器を、今後も新木場で響かせ続け新木場の文化創造活動の一助となれたらと思っている。

榎戸材木店さん、瀧口材木店さん他、今後共どうぞ宜しくお願いします。(鳥笛もやりましょうね)
(飯田茂樹)

8CD04F44-FDDA-4BE9-9735-39091730C974

親子、兄妹仲良く演奏ありがとうございます

 

0D8E4C8E-CB01-4164-97ED-8EF06B50FF32 26373528-FB03-4E14-8DF4-9935C934C80D

赤ジャージの方はジェゴッグ経験者なのかな?、とてもジェゴッグ音楽の雰囲気出ていましたよね

 

7FD48DBA-28F1-4DC7-B753-85523C79DB9C

深川バロン倶楽部のしんちゃん(左)、これからも宜しくお願いします

 

469566EE-7BF8-485C-9520-56ED03ECD52C

榎戸材木店社長と鳥笛(初めてでここまで良い音を鳴らせる人はあまりいませんよ!)

 

バリ島の巨大孟宗竹サイズの竹ガムラン「ジェゴッグ」が3年振りに東京で響き渡るか!?

8B67D9DC-FD44-47E3-91C8-4255AEE04CA8

(明日、2月11日(日) 新木場地域資源発掘プログラム「木の音」(きのね)に参加します)

 

東京・青山の「こどもの城」の閉館(2015年3月)とともに活動の場所を追われ、自然生クラブ(ジネンジョクラブ/つくば)でお世話になっていたマイジェゴッグが、久し振りに東京に戻って来た。大の大人男子が延べ8人、半日かけての大移動だった。

 

鍵盤の長さが3メートルを越える、最も大きなサイズの楽器をジェゴッグと呼び、この楽器だけはサイズの大きさから、楽器の上に完全に演奏者が登らないと演奏が出来ない。その重低音は地の神の叫びのごとく大地を震わせ、圧倒的な音量で聞く者の心をわし掴みにする。

 

ワークショップでお世話になる、瀧口材木店、榎戸材木店のスタッフの方々にちょっと楽器をさわってもらいましたが、その音と圧倒的な存在感に凄く驚かれ興味を持って頂いた様子。ワークショップが終わった後も、一緒に演奏をやっていきましょうよというお誘いに、快諾をとりつけ(笑)、今日の大運搬劇をお開きとしました。(飯田茂樹)

 

UMIDOKO 木の音

-新木場に木の音が響き渡る1日-

▼海床プロジェクトHP

http://umidoko.jp/lp/kinone2018/

 

EF138BBD-9165-46DB-8A77-ADEC417FFB62 3FF7818D-D39D-4C21-8568-C373F2BC9DBC

自然生クラブのアトリエの軒下に13台全てのジェゴッグを保管して頂いていた。ありがとうございました(下:荒野真司、右上:鍋島次雄、左上:田村善郎)


F13B1048-F399-4A82-9CB0-232090EE5C8B

一番大きいジェゴッグの片足

 

248AF14E-3A3B-4014-A115-3172033F87BB DC8548C6-35F7-4B39-8BBE-CE4983594E6F

2トンアルミのトラックに全部入りました


6FC14FFC-6F23-4E25-82BC-CDE96B370B83

材木店の皆さんはジェゴッグに興味津々。一緒にやりましょう〜


9D4309A8-12F0-47EF-A51B-E03B7A87616C

孟宗竹(もうそうだけ)鍵盤、長いでしょ!


B93DFD3C-CB60-4431-9565-B17986B5899E
2年3か月振りに自然生クラブに来ましたが、私の名前をフルネームで覚えていて声をかけてくれたけいいちくん(右)自信に満ちた「真の衝動」による絵画制作にはいつも驚かされ感動する。(ジェラシーすら感じる時がある)

B76A69A3-D4B0-4ACA-94A5-164EBBA664E3

「深川バロン倶楽部」のなべさん(左)、しんちゃん(右)と


地獄の(?!)ジェゴッグ公演 @つくば

ジェゴッグ合奏の様子(右前:鍋島純子さん)
ジェゴッグ合奏の様子(右前:鍋島純子さん)

美しい日本の原風景が広がる筑波山麓にて、ジェゴッグのミニコンサートとワークショップを行いました。(田井ミュージアム/NPO法人自然生クラブ/茨城県つくば市)

 

ジェゴッグとは、バリ島西部のヌガラ地方に伝わる、巨大孟宗竹で作られた旋律打楽器の合奏音楽で、「竹のガムラン」とも呼ばれています。

その巨大なサイズから日本には数は多くなく、大変希少価値のあるバリ島の楽器です。JIBECA代表の飯田茂樹が所有するこのジェゴッグで、今回ミニコンサート・ワークショップを開催することとなりました。珍しい音楽を楽しみに多くの方にご来場いただき、そのダイナミックな生の音、振動を体感していただきました。

左:鍋島次雄さん 右:飯田(ジベカ代表)
左:鍋島次雄さん 右:飯田(ジベカ代表)

コンサートは、今回の音楽監督である鍋島純子さん(深川バロン倶楽部)を中心にグループでジェゴッグ合奏、飯田茂樹と鍋島次雄さん(深川バロン倶楽部)によるバリのお笑い芸能ボンドレス、その他には影絵芝居の音楽グンデルワヤン演奏やバリ島留学経験者の談話コーナーなどバラエティに富んだ内容でした。

 

バロンは前足(頭部)と後ろ足役の2名で踊ります
バロンは前足(頭部)と後ろ足役の2名で踊ります

そして、クライマックスは地響きのようなジェゴッグの音楽に合わせて鍋島次雄さんが踊る迫力満点のバロンダンス!(バリ島の聖獣バロンの踊り) まるでバリのお祭りに迷い込んだかのような、とてもにぎやかな会となりました。

 

コンサートに引き続いて、ジェゴッグを使ったワークショップを行いました。参加の皆さんは、ジェゴッグに興味を持ってとても積極的に取り組んでくれました。

 

ワークショップの様子。皆さんとても積極的に参加してくれました
ワークショップの様子。皆さんとても積極的に参加してくれました

ジェゴッグの良いところは、旋律の楽器にもかかわらずハーモニーなどあまり気にしないで演奏できてしまうというところ。それはスレンドロ音階(日本のわらべ歌の音階に似た5音階)の中の4つの音により構成されたシンプルな音階を使っていることと、金属と違って我々日本人にとってなじみ深い、竹のもつ暖かい柔らかい音質が影響しているからではないかと考えます。

 

音楽名称ともなった楽器「ジェゴッグ」
音楽名称ともなった楽器「ジェゴッグ」

最重低音の最大の楽器(この楽器をジェゴッグという)だけが、核となるメロディーリズムを奏で、それに合わせ、殆どノールールの即興をしていく。このちょっとしたルールだけの合奏が、他にはない音世界を創造していきます。

 

協力して1つのものを見出すことができてしまうところがジェゴッグの最大の特徴ではないかと、今回のワークショップを経験して改めて強く感じました。また今回は、いわゆる障害のある方も多く参加してくれましたが、障害のあるなしに関係なく、皆んなが同じくいきいきと演奏に参加していたのが大変印象的でした。

さて、タイトルにある「地獄」。これは、私たちが地獄のような特訓をしたからでも、音楽が地獄のようにおどろおどろしいからでもありません。

深い意味はありませんが、「ジェゴッグ」と「ジゴク」、響きが似ていますよね…。

 

組み立て作業中の様子
組み立て作業中の様子

ただ語呂が面白いからというわけではなく、ちょっと理由もあります。私たちはジェゴッグを運び出し、組み立てから準備をしましたが、地獄とまでは言いませんがこれがなかなかの骨折り作業でした。便利な現代の日本では、このような経験はなかなか出来るものではないと思います。(バリ島でもないかもしれません) 作業中は大変でしたが、今思い起こすと忘れがたいインパクトのある経験で、チームワークから得られる達成感はなかなか爽快でした。

 

JIBECAでは、多くの皆さんにこの貴重な経験をする機会を提供できるよう、ただいま企画中です。どうぞ乞うご期待ください!